使いやすい金属材料のアルミは棒や板などの形状で用いられている

日本文化とも縁が深い金属材料について

金属加工をする

銀はアクセサリーによく用いられる金属材料ですが、金やプラチナなどと同様に貴金属の一つとされます。そんな銀は日本にとって他の貴金属以上に深い関わりがあります。銀は産出量が少ない希少価値の高い金属材料であり、比較的安定した性質を持っているため、装飾品や食器など高級なジュエリーやカトラリーに使用されています。また金やプラチナなどに比べれば産出量が需要に対して一定量が供給されるため、貨幣など決済手段としての活用が世界的に行われていました。
銀は金属材料として使用し始めたのは6000年ほど前とされ、約5000年前にはジュエリーとして使用していたと考えられています。日本においては2000年以上前には使用されている例がありますが、特筆すべきは銀山の存在です。16世紀から17世紀頃には産出量が非常に多く、外国への輸出に回されて世界で流通する銀の実に3分の1が日本産の銀で占められたと言います。
その後銀の枯渇や外国産の安い銀が輸入されるようになって廃れてしまいましたが、日本産の銀は世界史を動かす要素となったのでした。また文化的に侘び寂びを尊ぶ日本では、派手な金より落ち着いた輝きを持つ銀を愛でる文化があり、茶器や花瓶などとして優れた銀製品を生産しています。

TOP